ナンガのメリノウールインナー、夏も大活躍の半袖ウールTシャツ!

夏も大活躍のナンガのメリノウールインナーファッション

ナンガのメリノウールシャツ

ダウンで有名なアウトドアブランド、ナンガ(NANGA)からは、メリノウールのTシャツも販売されています。

このTシャツが、インナーとしてとても使い勝手がよいのでレビューします!

私は今3枚を着回していますが、もう1枚ほしいくらい……。

初夏から初秋までの間にヘビロテできる、夏向きのメリノウールインナーなので、これからの季節にぜひ。

レディースUネックショートスリーブTEEの特徴

私が使っているのは、レディースの「UネックショートスリーブTEE」です。

サイズは、S、M、L、XLの4サイズ。

色は、ホワイト、グレー、ブラック、ピンクの4色で展開されています。

私はSサイズのグレーとブラックを使っています。

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEE

「UネックショートスリーブTEE」のよいところを4つ挙げてみます。

薄手で極上の柔らかさの上質な生地

ナンガのメリノウールシャツは、非常に薄手です。

透けるような薄さです。

(写真ではわかりにくいと思いますが、肉眼ではパッケージの文字が透けて見えます。)

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEEのアップ

そのおかげで、とても滑らかで柔らかいのです!

通販で購入して初めて手に取った時には、あまりの滑らかさに感動しました。

上質なウールの「ぬめり」を感じられる、とても質感のよい生地です。
この感触は、ぜひ手に取って触ってみてほしいです。

そして、これだけ薄手なのに、とても丈夫です。

ウールとはいえインナーなので、1日着たらすぐに洗濯するというのを繰り返していますが、全くヘタってきません。

首元が伸びてしまうということもないですし、穴が空くこともないです。

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEEの袖口と裾の裏

その理由は、襟元や袖口、裾の処理が非常にしっかりしているためではないかと思います。

洗濯に手がかかるようだと扱いが面倒ですが、何も気にせずガンガン洗って着回せるので、重宝しています。

ちなみに、干す時にも普通にハンガーにかけて干しても伸びたりしません。

(ウールの特性によるのか、洗濯が終わった時点で半分乾いているのでは?というくらい軽いので、全く気を遣うことなく、普通のTシャツのように扱えます。)

上に着るものに響かない襟元

アウトドアブランドのメリノウールシャツは、襟元の空きが狭いものが多くて、普段着のインナーに使うには適さないものが多いです。

アウトドアでは首元の空いた服は着ないので問題ないのですが、普段着のインナーにするには困ります。

少し首元の空きの大きな服を着ると、すぐにインナーが見えてしまいます。

たとえば、下の写真は、アウトドアブランドのバーグハウス(berghaus)のメリノウールインナーとの比較です。

左がナンガのショートスリーブTEE、右がバーグハウスの「メリノウールロングスリーブクルー200」です。

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEEとバーグハウスとの比較

襟元の空きの大きさが随分違うことがわかると思います。

ナンガのメリノウールシャツは襟元がしっかり空いています。まさに「Uネック」という商品名通りです。

そのため、普段着のインナーとして問題なく使うことができます

珍しい袖の長さ

「ショートスリーブTEE」は、2分袖くらいと言えばよいでしょうか。

フレンチスリーブと半袖の間くらいの袖丈です。

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEEの袖丈

珍しい長さですが、この長さが絶妙なのです。

私はフレンチスリーブと長袖のメリノウールTシャツも持っていますが、その中間というのはなかなかありません。

この袖丈、季節の変わり目の、朝晩の気温差が激しい時期にはとても重宝します。

フレンチスリーブだと少し腕が寒い時間帯があるし、長袖だと暑いという日でも、一日を通して快適に過ごせます。

メリノウールインナーのよいところは、気温差があってもいわば自動調整をしてくれるところです。

気温差がある日でも、上に重ねる服でこまめに調整しなくても、勝手に温度調整をしてくれます。

ズボラな方や荷物を増やしたくない方のインナーに、この袖丈のウールシャツは最適だと思っています。

また、個人的には真夏にも使いやすいです。
(真夏はメリノウールインナーは着たくない方もいると思いますが、私は真夏もメリノウールで過ごします。)

袖の長い服を着る時に限られますが……この袖丈だと、脇汗が服に染みるのを防いでくれます!

背中の方が長い裾

ナンガの「UネックショートスリーブTEE」は、裾の形状も特徴的です。

アウトドア製品らしい形だと思うのですが、全体に丸みのある形状で、お腹側の丈が短くて、背中側の丈が長くなっています。

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEEの裾

着用していてそこまで意識することはないのですが、背中側が長いのは、インナーとして安心感があります。

ちなみに、お腹側の着丈も十分にあるので、お腹が出てしまう心配もありません。

ナンガの長袖はどう?

ナンガからは、「メリノウールインナーUネックロングスリーブTEE」も販売されています。

メリノウールの質はよいことがわかっていますし、袖も広めに空いていて使いやすそうなので、長袖が欲しい方はこちらもよいと思います。

私は長袖を購入していないのですが、その理由は、私の腕が短いためです……。
おそらくこの長袖だと、上に着るものから袖が出てしまうと思うのです。

(私は長袖のウールインナーとしては、こちらの記事でご紹介している8分袖のグンゼのインナーを愛用しています。8分袖が私にはぴったりなので……。)

ですが、普通体型の方で、手首までしっかり覆う長さの長袖のメリノウールインナーが欲しい方にはぴったりだと思います!

他の半袖メリノウールインナーとの比較

私は、半袖のメリノウールインナーとして他に、無印良品の「脇に縫い目のない ウールフレンチスリーブ」を持っています。

ナンガのメリノウール、UネックショートスリーブTEEと無印良品のウールインナーとの比較
手前に重ねているのが無印良品のウールフレンチスリーブです

無印良品の「脇に縫い目のない ウールフレンチスリーブ」は、1枚1,990円(税込)という激安価格のウールインナーです。

お手頃価格で、ウールインナーのお試しにはおすすめなのですが、生地は厚みがあって、少しゴワつきがあります。
また、すっかりウールに慣れた私の肌でも、たまにチクチクした刺激を感じてしまうことがあります。

肌が丈夫な方で、ウールインナーを試してみたい方には無印良品もおすすめですが、品質で比較してしまうと、ナンガのメリノウールシャツの方が圧倒的に快適です。
(もちろん、それだけお値段にも違いがありますが……)

お値段以上のメリノウールインナー

ナンガのメリノウールTシャツは、アウトドアメーカーとしては手頃な価格帯ですが、メリノウールの品質はとてもよいです。

コストパフォーマンスのよいインナーです。

色も珍しく4色から選べますし、いかにもアウトドアアイテムのようなデザインでもなくシンプルな見た目なので、普段着としても使いやすいです。

女性で、特に半袖のメリノウールインナーを探している方には、ぜひおすすめします。

こんなおすすめのナンガのメリノウールシャツですが、どうも在庫限りで廃盤(?)になってしまいそうな気配です。

通販では取り扱い店がどんどん減ってきて、「在庫残りわずか」と表示している店舗もあります。

ナンガの公式サイトでも、去年はアウトレットとして少しだけ販売されていましたが、その後は販売が終了してしまいました。

気になっている方はお早めにチェックしてみてください。

メリノウールではありませんが、長袖のウールインナーとしておすすめの、グンゼのインナーについてはこちらの記事をご覧ください

こちらの記事では、メリノウールインナーの機能や効果などの特徴をまとめています

コメント

タイトルとURLをコピーしました